flash
初診の方はこちらへ
眼の疾患について
MAP

〒682-0806
鳥取県倉吉市昭和町2丁目151


診療時間
月水金
 9:00〜12:00 15:00〜18:00
火木
 9:00〜12:00 15:00〜手術
土曜
 9:00〜13:00
※受付時間は診療終了の30分前までです
定休日
日・祝日
隣接店舗のご案内
中部コンタクトレンズ21へ

診療方針

『倉吉標準ではなく全国標準のクリニックを作る』
その信念のもと、平成14年に当院は開設されました。
倉吉のこの地で、県中部、岡山真庭の眼病に悩む患者さんと共に戦い、解決を目指したい。


医師、看護師達が一丸となって対応いたします。
各担当医師には強く、頼もしい知識と技術を、看護師、視能訓練士、コンタクトレンズの専任スタッフ達は優しく丁寧な対応を実行していきたいと思っております。


【所有資格】視能訓練士 2名
先進医療実施医療施設 厚生労働省認定

診療時間

  休診日
日曜 / 祝日
9:00 〜 12:00  
15:00 〜 18:00 手術 手術  
9:00 〜 13:00          

※受付時間は診療終了の30分前までです

専門的な治療・特色

■白内障手術 ( 年約600眼執刀しております )

手術が終われば2時間ほど休んでいただく日帰り手術。また、帰宅が不安や困難な方、翌日通院が困難な方は1泊してから帰宅することも出来ます。

■多焦点眼内レンズ

眼内レンズとは白内障手術時に取り出した水晶体の代わりとなる人工の水晶体。
眼内レンズには「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があり、通常の白内障手術に際して移植される眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」。単焦点眼内レンズを用いても手術前に比べれば大幅な改善が得られるが、ピントの合う範囲が遠方か近方のいずれかに限られているため、遠方か近方を見る時のどちらかは眼鏡が必要となる。これに対し「多焦点眼内レンズ」では遠方と近方の両方にピントがあうため眼鏡への依存を減らすことができる。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は厚生労働省の定める「先進医療」です。
手術費用に関しては、健康保険は適用されず100%自費負担となります。当院は「厚生労働省認定先進医療実施施設」を取得しましたので、手術費用以外に関しては健康保険が適用されます。
※「先進医療実施施設」以外でこの手術を受ける場合は手術費用のみならず手術前後の診察費用すべてが自費負担となります。

■オルソケラトロジー ( "ナイトレンズ" とも呼ばれます)

就寝時に装着するだけで視力を回復させ、昼間は裸眼で過ごせるようになるという、特殊なコンタクトレンズ。コンタクトレンズをはめて視力回復が行える便利さと、レーザーやメスで角膜を削る必要がない低リスク性が特徴で、近視治療の有用な手段の一つとして期待が持たれている。

■炭酸ガスレーザーによる腫瘤(イボ・ホクロ)除去、眼瞼下垂、内反症(逆まつげ)治療

炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを発振物質とした、発振効率のよいレーザー治療機器。水分の多い組織に炭酸ガスレーザーが当たると、レーザー光が熱に変換され、皮膚腫瘍を蒸散・炭化させる。
周囲組織への損傷が比較的少なく、治療部位だけの組織を蒸散させる作用がある。メスを使用する治療と比べ出血はほとんどないのが特徴で、仕上がりも自然できれい。

■抗VEGF抗体硝子体注射

眼底出血、加齢黄斑変性症に対する主流の治療法。硝子体内注射のため、施行施設が限られます。
年間約100眼に施行しております。

■ボトックス注射

眼瞼けいれん、顔面けいれんの主な治療方法です。この疾患は投薬・点眼の効果があまり期待できません。ドライアイと診断されている人も多いです。注射施行には学会の認定が必要です。

ページトップへ